忍者ブログ
絶滅危惧種?!超短毛犬種『日本テリア』のブログ

* admin *  * write *  * res *
[217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月に入り、4・5日と東京ビッグサイトにて
日本最大級のドッグショー(展覧会)が行われました。
去年に引き続き、今年も透風の長男坊『日向』がチャレンジしてくれました♪

その日向が、「2008年ペディグリーアワード受賞」の受賞犬となり
Uさんと日向の日々のチャレンジに、深く深く感謝致します!

受賞犬達の写真が、パネルになって張り出されるので
もし来場したら見てね!とUさんに言われて居たのですが
残念ながら行けなかったので・・・頂いちゃいました♪
カラーで頂いたのですが、セピアの方が解りやすいので加工しました~
クリックで大きくなります^^

DSC04703.JPG
( Special Thanks :  B-Family )

同じく他犬種でペディグリーアワードを受賞した知人が
その賞に関してJKCに問い合わせたところ、ペディグリーアワードとは、
その犬種に対して「向上に貢献」した個体に対して与えられるそうです。

Uさんと日向が、とにかくチャレンジし続けてくれている事。
たった1頭の出陳だけれども、走り続けてくれていた事。
去年、アジアインターの大舞台にチャレンジしてくれた事。
そして、これからもチャレンジし続けてくれる事。

私はその事だけで胸がイッパイです☆

去年は日向のみの出陳だったのですが、良い刺激となったのか
日向よりも若い個体ですがチャレンジドッグが増えたのです~☆
今年はオス2、メス2の合計4頭の出陳となりました。
これは日本テリアの歴史としては、とても大きな出来事であり
また、とても嬉しい出来事でもあります。

Uさんが日向とチャレンジして、活動してくれたからこそ、
今回のアジアインターの出陳数になったのだと思っています。

「日本テリア」と言う犬種は、絶滅でもなく幻でもない。
FCIアジアインターは、それを大勢の人に示す事の出来る最高の舞台。
「今年は4頭の日本テリアが出陳される」という情報だけで、
何頭もの日テリ達が、会場に駆けつけ集まったそうです。
たとえ小さな犬であっても、たくさん集まれば大きな輪になる。

自分は財政的に出陳は出来ないけれど、来年はもっと増えると嬉しいな。
そして来年こそは、自分もその会場の日テリの輪に居たい。

1人1人の意識で、日本テリアの明日が変わる。

********************

【 ひとりごと 】

ショーには、どうしても勝ち負けが着いてしまうけれど、
私としてはあまり勝ち負けを重要視していない。
あ、スタンダードなんて要らないって言ってる訳ぢゃないですよ。
スタンダードは種の固定化&保存の目的として、
必要不可欠な要素ですから~☆

確かに勝ち上がる事は嬉しい事だけれど、
勝ち上がれない事は残念な事だとは思ってない。

ショーチャレンジには、人それぞれの目的があるとは思うけれど、
その種を愛しく思い、大切に想う事。
私は一番これを重んじて居たいだけ。

種を「深愛」する

ドッグショーはスタンダードと言う「理想」を基準に審査される。
でもスタンダードはあくまでも「理想」であるから、もちろん「幅」が生じる。
でもその「幅」を設けないと、その種は絶滅してしまう。

私は方程式なんて当てはまる事のない、この繁殖と向き合い
スタンダードの枠や幅から外れないように
日本テリアの保存を続けて行きたいと思っています。

その為には・・・精進あるのみっ!

日本テリア万歳っ!
nihonken100_33.gif

拍手[0回]

PR
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ その他珍しい犬へ
アクセス解析
ブログ内検索
最新コメント
[07/19 ぎんすけ]
[07/04 KEIKO SAITO]
[04/14 すっちー]
[04/14 そのっち]
[04/09 すっちー]
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: ひなたぼっこ All Rights Reserved